mobile

楽天ひかりも楽天モバイルとあわせてお得に 光回線のメリットも解説

楽天ひかりも楽天モバイルとあわせてお得に 光回線のメリットも解説

まずは楽天ひかりの料金体制や特徴を確認しておきましょう。

 

楽天ひかり 利用料金

7/5時点

マンションプラン(集合住宅): 3,800円 (税込 4,180円)

ファミリープラン(戸建): 4,800円 (税込 5,280円)

 

初期費用・初期工事費は申し込み内容によって変わるため、公式サイトの料金シミュレーションで確認が必要です。

契約は三年更新で、中途解約は契約解除料10,450円が必要です。

楽天モバイルを契約している方はマンションプラン(集合住宅)、ファミリープラン(戸建)どちらも月額料金1年間無料

これから楽天モバイルに申し込む場合、楽天ひかりの申し込みの翌月15日までに楽天モバイルを申し込みすると1年間月額無料のキャンペーンが適用されます。すでに楽天モバイルを契約している場合もこれから申し込む場合も、同じ楽天IDを使用すること、楽天ひかり申し込みから楽天ひかりを4か月目末日までに開通することの二点が必要です。

楽天ひかりはIPv6に対応しており、回線速度は最大1Gbps(ベストエフォート方式)です。

 

また、楽天ひかりでは一日三回、東京と仙台、広島の通信速度の実測値を公開しています。通信速度の実測値が公開されているというのは安心できます。参考までに7/5 22時の東京の速度実測は596.6Mbpsとなっています。

 

楽天ひかり利用者のアンケートでは、89%の方が楽天ひかりは速いと実感しています。

楽天ひかりに申し込んだ65%の方が1年無料を決め手としています。

また、楽天ひかり契約で楽天市場での買い物でポイント+1倍となります。

 

楽天ひかりに関する情報は公式サイト https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/ より

速度実測はhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/internet/speed/?l-id=rhk_gheader_internet_speedより

アンケート結果は https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/review/ より

光回線のメリット

光回線のメリットは、ずばり速度と安定性です。いくつかのケースで光回線のメリットを解説します。

 

ケース1 テレワーク

現在普及してきたテレワークでは、オンライン会議ツールをはじめ社内PCへのVPN接続やデータのやり取りなどで回線速度と安定性が重要です。

例えば、zoomで1080pで映像を送受信するためには、3.8Mbps/3.0Mbps(アップ/ダウン)の速度が必要です。常時この速度を必要とするわけではないことを考え、平均2.0Mbpsで計算すると、上り下り合わせて1時間当たり1.8GB消費します。楽天モバイルを利用していても楽天回線エリアではない場合、すぐにパートナー回線エリアの速度制限に達してしまいます。もちろん、他社の通信容量無制限プランではない場合でも同様に制限に達してしまうでしょう。また通信量に応じた従量課金の場合、高額な請求となるかもしれません。

zoomの推奨帯域幅は https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023 より

また、動画データなどの容量の大きいファイルをやり取りする場合、回線速度がさらに重要になります。

 

ケース2 クリエイターの方

楽天ひかりの平均速度を500Mbpsと仮定すると、10GBのファイルは約160秒でアップロードやダウンロードが完了します。特にデータ量の大きい、一眼レフでの写真を複数送受信する方や、Apple ProResやXAVCなどの動画ファイルを送受信する必要のあるクリエイターの方にとっては光回線は必須と言っても過言ではないでしょう。

 

ケース3 ストリーミングの映画や動画の鑑賞

定額プランや作品ごとのレンタルで映画を視聴できるオンライン動画配信サービスが人気です。高画質で視聴するためには光回線があると快適です。また、光回線は、複数の端末で再生できる回線の余裕もあるため、家族で別の動画を同時に視聴することもできます。

参考までに、Netflixの推奨インターネット接続速度はHDで5Mbps、4K UHDで25Mbpsです。

Netflixの推奨インターネット接続速度は https://help.netflix.com/ja/node/306 より

 

ケース4 オンラインゲームをプレイ

オンラインゲームをプレイする場合、通信速度はもちろん、レイテンシー(通信が到達する時間 PING値などとも呼ばれる)も重要です。一般的に、モバイル回線(3G/4G LTE)を利用するとレイテンシが大きく(通信が到達する時間が長く)なるため、光回線かつ有線接続をおすすめします。

FPSゲームでは、特にレイテンシの小ささが重要です。レイテンシが大きいと弾抜けなどが発生しやすくなります。

また、ゲームのダウンロードやアップデートの際にデータ容量も大きいものが多いため、回線速度が速いと待ち時間が減り快適です。

 

ケース5 配信者・VTuberの方

自宅で配信される配信者の方や最近話題のVTuberなども通信速度や安定性の面から固定型モバイル回線(SoftBank Airなど)ではなく光回線をおすすめします。

インターネット配信で通信が安定していないと、映像が飛ぶ原因になります。また、ゲーム配信などをされる場合はさらに高速安定な通信が必要となるため、光回線を強くおすすめします。

 

 

現在、楽天モバイルで楽天回線エリアの場合も、楽天ひかりには高速な通信や安定性、低レイテンシなどのメリットがあるため楽天モバイルと楽天ひかりの併用をおすすめします。

 

キャンペーンなどを含めた最新の情報は楽天ひかり公式サイトをご確認ください https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/hikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です