equipment

YAMAHA SessionCakeを解説

YAMAHA SessionCakeを解説

YAMAHA製の小型ミキシングヘッドフォンアンプSessionCakeについて解説していきます。

SessionCakeとは

一辺10cm程度と小型のミキシングヘッドフォンアンプです。Sessionという名前にあるように、8台までチェーン接続できます。バンド仲間とお揃いで購入して、家では一人で練習、集まった際はチェーン接続でセッションと痒い所に手が届くヘッドフォンアンプです。

ヘッドフォンアンプですので、アパートやマンションでも音量を気にする必要がありません。

単3乾電池2本で最大10時間稼働することができます。AUXをiPhone,iPadと接続すればオーディオインターフェースなしで演奏を収録できます。

また、同様にiPhone,iPadと有線(4極ケーブル)で接続することで、アプリ経由のエフェクターを利用できます。もちろん、SessionCakeとギター・ベースなどの間に市販のエフェクターを介入させることも可能です。

独立した4つのコントロールを搭載

本体上面にある4つのツマミで以下をコントロールできます。

[Me]自分に聞こえる自分の楽器の音量を調節します。バンドメンバーの他のSessionCakeから聞こえる自分の楽器の音量には影響しません。

[INPUT]自分の音量と接続されている他のSessionCakeから聞こえる自分の楽器の音量を同時に調節します。インプットボリュームやインプットゲインに相当します。

[PAN]定位とよばれる、ステレオで音がどこから聞こえるか(右寄り、左寄り)調整します。各楽器で定位を調整することで、ステージに立っているようなステレオ感を実現できます。

[PHONE]自分のヘッドフォンの音量を調節します。

色と入力端子の違う2種をラインナップ

ギター・ベース向けレッドのSC-01

モノラル入力端子を搭載し、シールドで直接ギターやベースと接続できるモデルです。ブルーと比べて少し安価です。ギター・ベースのみの場合、こちらのモデルをおすすめします。

Photo: YAMAHA

ステレオ入力に加えてマイク用XLR端子も搭載したマルチなブルーSC-02

モノラル・ステレオ両対応のフォン入力に加えて、マイク用XLR端子も搭載したモデルです。XLR端子は信頼のノイトリック社製。キーボードから電子ドラム、ボーカルマイクまでマルチに活用できます。

ファンタム48Vは供給できませんのでご注意ください。

Photo: YAMAHA

詳しい製品情報は SessionCake をごらんください。

 

全ての画像は許可を得て使用されています。このサイトからの複製は禁止しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です